1. Webpacker 3ではじめるRailsエンジニアのためのモダンフロントエンド入門 〜Sprocketsを使わないRailsプロジェクト試案〜

    本記事には2つの目的があります: RailsのAsset pipeline(Sprockets)をまったく使用しなくてもRails開発が可能であることを実証すること、モダンフロントエンド未体験のRailsエンジニアに向けて、実際のコードをまじえつつ、モダンフロントエンド開発の雰囲気を伝えること。また、Webpackerの概要を知りたいRailsエンジニアへの機能と使い方紹介にもなっています。

    read more

    comments

  2. Flux Standard Actionで失敗したアクションを識別する場合は、カスタムエラーオブジェクトを作れば良い

    ReduxなどのFluxアプリケーションの実装では、アクションのフォーマットとして、Flux Standard Action(FSA) を採用しているプロジェクトも多いと思います。 FSAを使って非同期アクションの結果を表現しようとしているときに、以下のような疑問を抱いたことはないでしょうか?

    read more

    comments

  3. 正規表現等によるメールアドレスの形式確認をサーバーサイドで行う必要はない

    サーバーサイドでのメールアドレスチェックは、入力有無や長さ確認など、メールアドレス以外のテキストフィールドと同様の処理を行えば十分であり、ユーザーインターフェイスの改善を目的とした形式チェックはクライアントサイドのみで行えば十分です。

    read more

    comments

  4. 「雇用関係によらない働き方」に関する研究会の内容確認

    去る10月、安倍内閣の働き方改革の一貫として、フリーランス促進をしていく方針であることが報道 されました。 働き方改革は、アベノミクスの 3本の矢(構造改革)の柱 として位置付けられている政策です。11月と12月には、この政策に関する研究会が実施され、それぞれ資料が公開されています。そこで、我々フリーランスにとって関心の高い、この政策の動向を占うものとなるであろう研究会の内容について見ていきます。

    read more

    comments

  5. やよいの青色申告デスクトップから、freeeに乗り換えたら経理作業が楽になった(IT系個人事業主)

    開業以来5年間、確定申告関連の書類は、やよいの青色申告デスクトップ版で作成してきました。しかし、ネットベースのサービスで、いろいろ便利なものが出てきているという話をよく聞くようになり、去年からは、freeeに乗り換えてみました。その結果、たしかに作業が楽になったと体感できたので、どういった点が改善されたのかを述べます。

    read more

    comments

  6. GitHub公式クライアントでだれでも簡単GitHubライフをはじめよう

    本稿では、 GitHub 上で運用されている開発プロジェクトに、公式クライアントであるGitHub Desktopを使用して参加する方法を説明します。本稿は、デザイナーやディレクターなど、プログラマ以外の方を対象とします。 GitHub Desktopを使用すれば、コマンドラインからの操作をほとんど1行わずに開発に参加することが可能です。

    read more

    comments

  7. Page 1 / 4 »

blogroll

social